トップ > 技術紹介 > ドリップコーヒー

ドリップコーヒー

珈琲イメージ

ドリップコーヒー

タイプの違う
3種類のコーヒードリッパーに対応

淹れ方・仕様の異なる3つタイプのドリッパーから希望の包装様式をお選びいただけます。
焙煎されたコーヒー豆を搬入いただいた後、
当社大型グラインダーにて充填前にコーヒー豆をグラインドすることも可能です。
また、ブレンド機の導入により、充填直前にコーヒー豆のブレンドをすること可能です。
搬入いただいたコーヒー豆は、充填までの間、当社原料専用冷蔵庫にて保管致します。

珈琲そそぎイメージ

ドリップバッグの仕様(カタチ)

  • コニックタイプ

    コニックタイプ充填包装ネルドリップのまろやかで厚みのある味を再現した簡易ドリップの最新型。粉全体をまんべんなく膨らませ、お湯の流れを中心部に集めることで、最後の一滴まで出し切る本格派のドリップパックです。

  • VFRタイプ

    VFRタイプ充填包装3点でカップに固定するタイプのドリップバッグです。安定性が高く注ぎ口が広く、フック紙の高さが低いので抽出したコーヒーにフック紙が浸りにくいのも特徴です。

  • パチットタイプ

    パチットタイプ充填包装一般的なコーヒーバッグです。どんなサイズのカップにもフィットし、簡単にセット出来るメリットがあります。

個包装加工

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

小袋用自動ガス充填機と連動し袋詰め作業を自動で行います。
製品は最終検品の後、梱包・発送いたします。

○ 印字カメラ搭載
○金属探知機ウェイトチェッカー搭載